14年11月2(日) JRA予想 東京11R 天皇賞・秋(GI) 他  東京、京都

こんばんわ。

はるかなる。です。

早速ですが日曜日の予想にいきたいと思います。

JRA予想


14年11月2(日) 東京、京都



今日のピックアップレース


東京11R 第150回 天皇賞・秋(GⅠ)

3歳以上オープン  芝・2000m 

◎ 1、ジェンティルドンナ
○ 9、フェノーメノ
▲15、イスラボニータ
△ 5、エピファネイア 
△12、フラガラッハ
△ 3、デニムアンドルビー



本命はジェンティルドンナです。

今年の日本の競馬場での成績は

京都記念(GⅡ)6着、宝塚記念(GⅠ)9着と

パッとしないですが

ドバイシーマクラシック(GⅠ)制覇からもわかるように

左回りのレースならば

海外のレースだろうが、休み明けだろうが

問題なく走ってくれる馬です。

枠も大外に比べれば遥かに有利な1番枠が当たりましたし

ここは勝ち負けに持ち込めるのではないでしょうか。



対抗はフェノーメノ。

こちらも休み明けになりますが

セントライト記念(GⅡ)や日経賞(GⅡ)を

休み明けで制していますから

ポン駆けの効くタイプと考えていいでしょう。

この舞台での実績もありますし

初戦からチャンスはあるでしょう。



3番手がイスラボニータ。

フジキセキ産駒ですから

タフなレースになった菊花賞(GⅠ)に向かわずに

天皇賞を選択したのは正解だったのではないでしょうか。

ここは、世代間の力差がどうかと

デビュー以来、一貫して手綱を取り続けてきた

蛯名ジョッキーからルメールジョッキーへの乗り替わりが

上手くいくかどうかでしょうね。

僕は、これはマイナス要素だと考えているので

この評価が精一杯です。



他のメンバーでは

春シーズンはリズムに乗れなかったものの

世代屈指の能力を持っているエピファネイア

ゴール前でもつれる展開になれば

強靭な末脚がハマりそうなフラガラッハ

同じく流れひとつで圏内突入がありえる

デニムアンドルビー

このあたりをマークしておきます。



馬券は以下のように買いたいと思います。


単勝 1(※5倍以上)


複勝 12(※7倍以上)


馬連流し

1-3,5,9,12,15(5点)


三連複2頭軸流し

1,9-3,5,12,15(4点)



その他の注目レース、注目馬


東京7R 3歳以上500万下

16、トーセンマイティ


トーセンマイティを本命に推します。

2走続けて完敗だったにも関わらず

前走は1番人気の支持を得ました。

それだけ能力を認められている証拠でしょう。

現に、このクラスで2着が3回ありますが

勝ち馬はいずれも上のクラスで通用しています。

得意の東京戦ですから勝ち負けに持ち込めるでしょう。

相手はツインプラネット。



東京10R ウオッカカップ

9、キープインタッチ


ここは、キープインタッチを中心視します。

ハイレベルな顔触れが揃って

勝ち負けの可能性がある馬が何頭もいます。

その中で、このクラスの実績があり

順調に使われているこの馬を

最上位に評価しました。

立ち回りの巧いタイプなので

きっちりと力を出してくれるでしょう。



東京12R 三峰山特別

2、グランフィデリオ


グランフィデリオを本命に挙げます。

前走も本命にしましたが

その理由は、左回りのマイル戦がベストの馬だからです。

引き続き同条件の今回もチャンスは充分でしょう。

相手はクラーロデルナ。

ダートに変わってからは崩れ知らずで

安定した差し脚が武器の馬です。



京都9R 北國新聞杯

9、シュミット


ここは、シュミットが本命です。

2走前が好メンバー揃いの中での勝利でしたから

前走の2着も納得がいきます。

その前走は、勝ち馬が強すぎただけで

この馬の力はしっかりと出していました。

今回の相手ならば中心的な存在でしょう。



京都10R 長岡京特別

6、ベルルミエール


ここは、ベルルミエールに期待します。

休み明けだった前走は

ギリギリまで凌いで勝利をもぎ取りました。

春シーズンにはマイル路線で

重賞でも差のない走りを見せていましたから

あれくらいやれても不思議ないでしょう。

昇級戦にはなりますが

同じ舞台で、前に行けそうなので狙ってみます。



京都12R 3歳以上500万下

11、メイショウホウトウ


ここは、メイショウホウトウから入ります。

休み明けで昇級戦だった前走でも

崩れずに走っていたように

ダートの短距離戦で堅実に駆けている馬です。

ここは、目立った馬もいないですから

軸にするには最適でしょう。

相手筆頭は、条件好転のガンジー。



※あとがき


日曜日の東京競馬場のメインレースでは

11月に入って最初のGⅠレース

天皇賞・秋が行われますね。

このレースの施行回数を見ると歴史の長さを感じます。

今年で、ちょうど150回目になるのですね。




天皇賞は、春と秋にそれぞれ行うので

1年に2回施工されるため

実質的な歴史は、その数の半分ほどになりますが

それでも凄い数ですね。



第1回の勝ち馬は、ハッピーマイトという馬で

初めて聞いた名前でしたが

この馬の妹が11戦11勝という

圧倒的な成績を残した名牝・クリフジなので

当時は、良血と呼ばれる血統だったのかもしれません。



ハッピーマイトが勝ったのが1937年。

同じ年の人は、今年で77歳ということになりますから

ベテラン馬券師ということになりますね。



それにしても150回目の節目に

7揃いとは縁起がいいですね(^ ^)

知り合いに77歳の方がいる人は

買い目を教えてもらうのも手かもしれません(^ ^)





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.0%  回収率 113.8%

(※2014年は10月12日時点のものになります。)



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ