15年9月26(土) JRA予想 阪神11R 大阪スポーツ杯 他

こんばんわ。

はるかなる。です。

早速ですが土曜日の予想にいきたいと思います。

JRA予想


15年9月26(土) 阪神、中山



スポンサードリンク


今日のピックアップレース


阪神11R 大阪スポーツ杯

3歳以上1600万下  ダート・1400m 

◎ 2、アルボナンザ
○ 1、サクラエール



本命はアルボナンザです。

大崩れの少ない堅実なタイプですね。

全4勝をこの距離で挙げていますし

どれも四位ジョッキーとのコンビでのものなので

ここも好走する可能性が高いと思います。

過去の成績からも休み明けは問題ないでしょう。



対抗がサクラエール。

ダートに転向してからは底を見せていません。

この馬も末脚勝負の馬ですが

ペースに関わらず脚を使えるので

昇級戦のここでもチャンスがあると思います。

距離短縮もプラスに感じるので期待します。



馬券は以下のように買いたいと思います。


単勝 2(※5倍以上)

   1(※6倍以上)


三連複2頭軸流し

1,2ー相手総流し(9点)



その他の注目レース、注目馬


阪神7R 3歳以上500万下

5、エイシンラナウェー


ここは、エイシンラナウェーを本命に推します。

休み明けの前走は及第点の内容でしたね。

上のクラスで惜しい競馬をしていた馬なので

能力上位は確かですし

今回は、使われた上積みも見込めます。

スムースならば順当に勝ち負けでしょう。



阪神10R 夕月特別

12、フェブノヘア


ここは、フェブノヘアから入ります。

一気の距離延長となった前走でしたが

折り合いもすんなりとつき

直線では、大外から豪快に追い込んできました。

今回は、2度目の中距離戦になるので

さらなる走りに注目です。



中山3R 3歳未勝利

1、ミュゼフローレンス


本命はミュゼフローレンスです。

初ダートとなった2走前の札幌戦で

スタートで出遅れながらも

目の醒めるような末脚を披露して3着と頑張りました。

今回のコース替わりは歓迎材料なので

連闘の疲れさえ残っていなければ上位争いでしょう。



中山10R 茨城新聞杯

6、パワーポケット


ここは、パワーポケットを中心視します。

このレースはかなりの好メンバーが揃い

ハイレベルな一戦となりました。

その中でこれまでに強い相手と戦ってきたこの馬を

本命として評価します。

流れに乗った競馬で好勝負に期待します。



※あとがき


ここ最近、有力馬の故障が目立ちますね。

キズナの引退、クロスクリーガーの突然の死

そして、デビュー前ですが

エストソルシエールも亡くなりました。



さらに、春シーズンで

主役になりかけた3歳馬の復帰が遅れていますね。



牡馬ではシャイニングレイ。

弥生賞(GⅡ)が始まる前までは

クラシックの主役候補の馬でした。



しかし、結局

クラシックを走ることはできませんでしたね。

今秋は、リスタートに向けて帰厩したものの

屈腱炎を発症してしまい休養となりました。



それから、牝馬ではショウナンアデラ。

インパクトの大きな走りで2歳女王に輝きましたが

3歳の春シーズンは骨折で棒に振りました。

そして、復帰を目指して乗り込まれていましたが

捻挫をしてしまったようで調整が遅れています。

秋華賞(GⅠ)への出走も厳しくなりましたね。



今年の3歳世代は

牡馬では2冠馬のドゥラメンテ

牝馬では世代屈指の能力を誇るルージュバックが

戦列を離れていますから

主役級のケガは残念ですね。





よろしければ、こちらもどうぞ。

次走以降注目馬 15年9月14(月)~9月21(月) JRA・大井






最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.2%  回収率 110.0%
2015年   的中率 30.0%  回収率 101.4%

※2015年に関しては、6月28日時点のものになります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ