15年11月8(日) JRA予想 京都 みやこステークス(GⅢ)

こんばんわ。

はるかなる。です。

早速ですが日曜日の予想にいきたいと思います。

JRA予想


15年11月8(日) 京都、東京



スポンサードリンク


今日のピックアップレース


京都11R 第6回 みやこステークス(GⅢ)

3歳以上オープン  ダート・1800m 

◎ 3、モンドクラッセ
○11、ダノンリバティ
▲ 9、クリノスターオー



なお、このレースは

動画でも予想を公開しています。

はるかなる。の3分間の重賞予想





本命はモンドクラッセです。

ダートに転向後は底を見せていませんね。

これまでは、ずっとローカル戦で勝ってきましたが

前走では、中央場所でも力を発揮して逃げ切りました。

この勝利で展望が開けた気がします。

今回は、相手が一気に強くなりますが

自分の競馬ができればチャンスがあるでしょう。



対抗がダノンリバティ。

こちらもダートに転向後は安定して駆けて

着実にステップアップしている印象です。

54㎏で出走できるのは有利ですから

この相手とも

差のない競馬ができると思います。



3番手がクリノスターオー。

ときどきポカのあるタイプではありますが

関西圏のダート中距離戦で3勝を挙げている実績は

一定の評価が必要です。

リズム良く運べれば圏内の1頭でしょう。



馬券は以下のように買いたいと思います。


単勝 3(※7倍以上)


三連複フォーメーション

1頭目:3

2頭目:9,11

3頭目:8番以外の各馬(15点)



その他の注目レース、注目馬


京都9R 花園ステークス

11、エクストラゴールド


ここは、引き続きエクストラゴールドが本命です。

前走も差のない4着でしたが

このクラスではあと一歩の競馬が続いていますね。

今回は、実績馬が長休明けだったり

昇級初戦の馬が多い組み合わせなので

こういうときにこそ

このクラスで揉まれている経験を活かしてほしいです。



京都10R 京洛ステークス

11、シゲルカガ


ここは、シゲルカガの逃げ切りに期待です。

オープンに昇級後はダートに転じて

重賞勝ちまで収めた馬ですが

芝でも通用するスピードを持っています。

スプリント戦ならば楽しみのある馬なので

ここも行くだけ行って粘り込んでほしいですね。



東京6R 3歳以上500万下

8、ミュール


ここは、ミュールを軸に据えます。

休み明けの前走は8着と負けてしまいましたが

着差はほとんどなかったので

悲観する内容ではなかったと思います。

今回は、使われた上積みもあるはずなので

前進に期待します。



東京9R 百日草特別

4、プランスシャルマン


本命はプランスシャルマンです。

デビュー戦でよく追い込んで2着と

見所充分の走りを見せると

その後は、走る度にレースぶりが良くなっていますね。

能力を遺憾なく発揮できる

東京の2000mという舞台も歓迎材料でしょうから

しっかりと勝って次につなげてもらいたいです。



東京10R 銀嶺ステークス

1、アンズチャン


ここは、アンズチャンを本命に推します。

この条件を得意としている馬で

追い込み一手ながら安定して駆けています。

前走は敗れましたが上がりは最速の脚を見せたように

やはり、クラス上位の力があります。

ここは、骨っぽい相手が揃いましたが

軸にするならばこの馬でしょう。



東京11R 第53回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

15、ゴールドアクター


ここは、ゴールドアクターから入ります。

休み明けの2戦は正攻法の競馬から抜け出し

着差以上の強さを感じさせますね。

菊花賞(GⅠ)3着の実績からも

オープンへの昇級が壁になることは考えにくいので

ここでも上位争いに加われると思います。



東京12R 3歳以上1000万下

10、アキノアッパー


ここは、アキノアッパーに注目です。

近走を見るとクラス慣れしてきましたね。

そろそろ圏内突入があってもいいでしょう。

3走前にこの舞台で大きく崩れていますが

南関時代の成績から考えても距離不安はないので

自分の競馬ができれば走れると思います。

相手筆頭はスールキートス。



※あとがき


先日、オーストラリアのフレミントン競馬場で

3200mの長丁場

第155回 メルボルンカップ(G1)が

24頭立てで行われました。



日本から出走したフェイムゲームは13着

ホッコーブレーヴは17着と

ともに結果を残すことはできませんでした。



結果的にある程度の位置でレースをしていないと

厳しい流れになってしまったので

末を伸ばすタイプの両馬には

フィットしませんでしたね。



特に、フェイムゲームは

この多頭数のレースで大外を回る形では

さすがに苦しかったかもしれません。



ただ、これだけたくさんの馬が

走っているレースを見る機会は

日本ではありませんから

なかなか凄い眺めですよ(^_^;)

ゴチャゴチャしてて進路どりも大変そうです。





レース映像はこちらからどうぞ。

第155回 メルボルンカップ(G1)のレース映像





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.2%  回収率 110.0%
2015年   的中率 30.0%  回収率 101.4%

※2015年に関しては、6月28日時点のものになります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ