14年1月4(土) 南関競馬予想 川崎 大師オープン 他

こんばんわ。
はるかなる。です。
川崎競馬所属のナターレの引退が発表されました。
芦毛の逃げ馬として人気馬を相手に
立ち向かっていった印象があります。
重賞3勝のうち2勝は牡馬との混合戦で
この世代の強い牝馬の1頭でした。
大きな怪我もなく駆け抜けた競争生活でしたね。
お疲れさまでした(^^)
あとひとつ、昨日の記事のことなんですが
報知オールスターカップ(SⅢ)の本命馬が
当日の朝までエミーズパラダイスとなっていました。
本文を読んでいただければ書き間違いだと
わかって頂けたかとおもいますが
スターシップの間違いです。
今後は気をつけます。
すいませんm(__)m
馬券は完敗でしたが
ゴール前はゾクゾクしました。
並んでから抜かせないオオエライジンは
カッコ良かったですね(^O^)
それでは土曜日の予想にいきたいと思います。
南関競馬予想
14年1月4(土) 川崎競馬
11R 大師(だいし)オープン
地方交流 A1以下 1600m
◎ 8、タマモスクワート
○ 2、シンボリマルセイユ

フルゲート14頭立ての一戦となりましたが
7歳以上の馬たちが実に10頭を数えます。
最高齢は12歳になったマズルブラスト。
まさに無事これ名馬ですね。
一方で若い4歳馬は1頭もいません。
そんな経験馬が顔を合わせる競走で
本命に推すのはタマモスクワートです。
この馬も年明け9歳を迎えましたが
衰えを感じさせない充実ぶりです。
前々走で報知オールスターカップ(SⅢ)に出走の
ヴォルテックスやエミーズパラダイスといった
重賞級の馬たちを相手に勝利をおさめると
前走のゴールドカップ(SⅢ)では
最後までしっかりと伸びて2着に入りました。
今回は逃げ先行馬が揃っていてペースも上がりそうです。
この馬の末脚に期待します。
相手はシンボリマルセイユ。
前走は1番人気を裏切り9着と敗れました。
結果的に前残りの競馬になったとはいえ
直線でこれほど伸びないのは意外でした。
しかし、それまでの安定したレースぶりや
倒してきた相手を見れば
ここでも通用する下地はあります。
前走の大敗がそれまでの好走の息抜きになっていれば
いつもの強いこの馬が見れると思います。
馬券は以下のように買いたいと思います。
馬連 2-8
ワイド 2-8

○その他の注目レース、注目馬
10R 門松(かどまつ)特別 C2(二)
2、スキャットマン

既にC1クラスで結果を出している馬や
このクラスでも安定している馬もいて
ここでは敷居が高いかもしれませんが
スキャットマンを狙います。
近走の走りを見ると距離が1600mに延びるのは
プラスになりそうですし
相手なりに走れるこの馬らしさを発揮して
上位争いに加わって欲しいと思います。
※あとがき
近いうちにブログのデザインを変える予定です。
具体的にいつというのは決めていませんが
いきなり大幅に変わってしまうと
戸惑ってしまうかもしれませんので
書いておきたいと思います。


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ