15年7月22(水) 南関競馬予想 川崎11R ’15スパーキングサマーチャレンジ  他

こんばんわ。

はるかなる。です。

早速ですが水曜日の予想にいきたいと思います。

南関競馬予想


15年7月22(水) 川崎競馬



スポンサードリンク


今日のピックアップレース


11R ’15スパーキングサマーチャレンジ

A2(下)  1600m 

◎ 3、ノースカルロス
○ 8、ブリージーストーム



本命はノースカルロスです。

前走は、危なげない走りで逃げ切って

3連勝を飾りました。

近走で崩れたのはオーバーペースだった4走前だけで

それ以外は安定した走りを見せています。

ここは、他に行きたい馬も見当たらないので

自分のペースで競馬ができるでしょう。



対抗がブリージーストーム。

前走で久しぶりに連対を外してしまいました。

それでも敢えて陣営は

大井ではなく川崎戦を選んできました。

それだけ期するものがあるということでしょう。

巻き返しに期待します。



馬券は以下のように買いたいと思います。


馬単 3→8(1点)



その他の注目レース、注目馬


8R 烈風(れっぷう)賞

2、ヘルヴェティア


ここは、ヘルヴェティアを本命に挙げます。

距離を延ばした前走は半信半疑でしたが

スムースな競馬で2着と健闘しました。

ただ、短い距離の方がベターだと思うので

この舞台で能力全開の競馬に期待します。

相手は、リュウノタケシツウとマダムプレジデント。



10R ジュライスター賞

5、ゴーオン


ここは、引き続きゴーオンが本命です。

3走前の大井戦の敗戦を右回りが原因だと仮定すれば

左回りでは堅実に駆けていると言えます。

相手は上がりますが勝負強い馬なので

ここも好勝負に持ち込めると思います。

相手は、インフォーマーとドリームエルダー。



※あとがき


月曜日に盛岡競馬場で

第19回 マーキュリーカップ(JpnⅢ)が行われました。

勝ったのは大井競馬所属のユーロビートで

6馬身差をつける圧勝で

初タイトルを獲得しました。



レースは、ひと塊の馬群で進むスローペースで

それを見越した吉原寛人ジョッキーが

向正面で一気に動いて

逃げていたメイショウコロンボにプレッシャーをかけると

直線では早めに先頭に立って堂々と押し切りました。



この馬は左回りで広いコースの長距離戦が得意な馬で

ここは条件的にも狙い目だったとは思いますが

まさかこんなに強い勝ち方をするとは

ビックリですね(^_^;)

3着に入ったタイムズアローともども

南関勢が力を出したレースでしたね。



よく、こういうレースのあとに

『元JRAの馬だから、れっきとした南関の馬ではない』

などという人が必ずいますが

元JRAだろうがなんだろうが

今は南関の馬ということに違いはありません。



南関に来たからこそ花開いた馬もいれば

移籍したからこそ交流重賞に使える馬もいます。



僕が好きだったルースリンドなどは

JRAで未勝利でしたが南関で才能が爆発しました。

つまり、南関に救われました。



プロ野球選手だって同じように

あるチームで活躍できなかった選手が

他のチームに移籍して

中心選手として活躍する例もあります。

そのときに、その選手に対して

『あいつは元は違うチームの選手だからチョットなぁ』

などとは思ったりしないと思います。



だから、元JRAなどという括りで

考える必要はないと思います。

今走っている(生活している)その場所が

その馬のホームだからです。





よろしければ、こちらもどうぞ。

2014年の競馬で最も印象に残ったレースを振り返る ~第4回 習志野きらっとスプリント(SⅢ)~






最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.2%  回収率 110.0%
2015年   的中率 30.0%  回収率 101.4%

※2015年に関しては、6月28日時点のものになります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ