週末GI展望 第16回 チャンピオンズカップ(2015年)

混戦模様の砂のGI


こんばんわ。

はるかなる。です。

今日は、12月6(日)に中京競馬場で行われる

第16回 チャンピオンズカップ(GⅠ)の

展望をしたいと思います。



特別登録は日本馬が18頭

海外からは、香港からガンピットが来日し

全部で19頭が登録しています。



このうち、アウォーディーとハッピースプリントは

回避が決まっていますから

現時点では17頭が出走を予定していて

17番目のイッシンドウタイが

除外候補となっています。



上位人気は割れそうですね。

コパノリッキー、ホッコータルマエ、ノンコノユメ

この順番ですかね?



スポンサードリンク


連覇を狙うホッコータルマエ


まずは、ホッコータルマエから見てみましょう。

先に書いておくと

上に書いた人気を集めそうな3頭のなかでは

この馬を最も高く評価します。



2013年のかしわ記念(JpnⅠ)を皮切りに

GI9勝という実績は凄いの一言につきます。

それだけ距離やコースを問わずに走ってきた結果です。

休み明けの前走は3着に負けてしまいましたが

ひと叩きされて臨む今回は

デキも上向いているでしょう。



いわゆる、テンよし中よし終いよしの馬で

展開にも左右されないので

軸としての信頼度は高いと思います。



GI連勝なるか、コパノリッキー


次は、コパノリッキーです。

ムラっけのある馬で

走らないときはあっさりと負けてしまう印象です。

ただ、自分のリズムで運べれば

そう簡単には止まりませんね。



この馬は前走のJBCクラシック(JpnⅠ)を勝って

GI5勝目をマークしました。

ベストな距離ではなかったと思いますが

能力をいかんなく出し切った結果

悠々と逃げ切って見せました。



フェブラリーステークス(GⅠ)を見てもそうですが

馬のリズムを大事にする

武豊ジョッキーが乗っていることも

この馬には大きいのでしょう。

ここもスムースならば上位争いになりそうです。



一気に頂点まで駆け上がるか、ノンコノユメ


それから、ルメールジョッキーに乗り替わってから

4連勝中のノンコノユメです。

前走の武蔵野ステークス(GⅢ)は

届かないような位置取りからの差し切り勝ちでした。

インパクトの大きなレースであったことは

間違いありません。



しかし、勝ち負けやレースぶりを抜きにして考えると

このレースの評価は難しいところです。

というのも、休み明けの一戦で

小柄な3歳馬ながら58㎏を背負い

ゴール前で際どい勝負をしてきたのです。



つまり、タフな競馬をしてきたということです。

こういうレースをした場合

上がり目を期待するよりも

反動の不安の方が大きくなります。



能力の高さは認めますが

今回のレースで馬券を買うにあたっては

リスクが大きい気がします。

よって、評価としては

買っても抑えまでということになるでしょう。



上がり馬の評価は?


では、今度は上位3頭を追いかける

他の馬をチェックしたいと思います。

まずは、上がり馬についてです。



最初は、サウンドトゥルー。

少し前までは

安定感はあるけれど突き抜ける何かが足りない

というキャラクターの馬でした。



それが、交流重賞の

日本テレビ盃(JpnⅡ)を勝ったのをきっかけに

変わってきましたね。

GI馬2頭を並ぶ間もなく差し切った勝ちっぷりは

正直、驚きました。



初めてのGI挑戦となった前走でも

猛然と突っ込んで2着を確保し

前走の走りがフロックでないことを示しましたね。



今回は、JRAの舞台で

どこまで走れるにかかっていますが

得意の左回りの一戦ですから

展開ひとつでは

大仕事をやってのけるかもしれません。



続いては、ロワジャルダン。

オープン2戦目となった

前走のみやこステークス(GⅢ)では

低評価を覆して勝利を収めました。



ただ、これは内ラチ沿いをピッタリと回ってきた

ジョッキーの好騎乗によるところが大きいでしょう。

むしろ58㎏を背負って

大外を回って追い込んだカゼノコの方が

強い競馬をしているので

そこまで高い評価はできません。



今年も楽しみがある昨年の上位馬


6歳以上のベテラン勢には

ノーマークにはできない馬が揃っています。

特に、昨年のチャンピオンズカップ(GⅠ)で

上位に入選した馬たちは

今年も楽しみがありそうです。



昨年2着のナムラビクターは

前走で大きく出遅れながらも

しぶとく脚を伸ばして3着に入りました。

しばらく勝利からは遠ざかっているので

目立たない存在ですが

毎回、差のない競馬をしている馬です。



3着だったローマンレジェンドは

勝ち切れないレースが続いていますが

それでも岩田ジョッキーが

手放さずに乗り続けていることが

何よりもこの馬の能力の証明でしょう。

ぶっつけだった昨年よりは

今年の方が臨戦過程もいいですね。



差し馬勢のなかで

最先着の4着に入ったのがサンビスタ。

当時は、一線級の牡馬との初対決でしたが

怯むことなく走っていましたね。

翌年のフェブラリーステークス(GⅠ)でも

差のない競馬をしていたように力は足ります。

今年も警戒が必要な1頭でしょう。



そして、5着だったのがワンダーアキュート。

2009年のデビュー以来

7年連続で勝利を挙げている無事是名馬です。

まだまだやれる力は持っています。

今回は、熱発明けで間隔が空きましたが

その分、人気は落ちるでしょうから

マークしておいて損はないでしょう。



他で気になる馬は?


他で気になる存在は

グレープブランデーですね。

この馬も7歳の古豪です。

ここにきて連続して掲示板を確保しているように

状態面が良さそうなので侮れません。

イン差しが得意のムーアジョッキーの騎乗で

内枠にでも入ってくるようなら期待度が増します。



最後に、香港から参戦のガンピットについても

触れておこうと思います。

と書いたはいいものの

香港のダート馬のレベルがわかりません。



ただ、今月行われる

香港国際競走で組まれているGIレースに

ダート競走が1つもないということは

ダートのレベル自体があまり高くないのだと思います。

だから、国際レベルにはない可能性が高いですね。



この馬がどの程度の人気になるのか

見当もつきませんが

積極的に買う理由がないので

個人的には印は回しません。



まとめ


では、まとめます。

今年のチャンピオンズカップ(GⅠ)の本命予定は

ホッコータルマエです。

もちろん、この馬が勝つ確率も高いと思いますが

それ以上に軸馬として期待します。



他では、人気所ではコパノリッキーを

勢いのある上がり馬ではサウンドトゥルーを

穴っぽいところではサンビスタを

推奨しておきます。





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.2%  回収率 110.0%
2015年   的中率 30.0%  回収率 101.4%

※2015年に関しては、6月28日時点のものになります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ