14年7月10(木) 南関競馬予想 大井 11R 日刊スポーツ賞 他

こんばんわ。
はるかなる。です。
早速ですが木曜日の予想にいきたいと思います。
南関競馬予想
14年7月10(木) 大井競馬(トゥインクル)
11R 日刊スポーツ賞
B2(三) 選抜特別  1200m
◎ 5、ドリームタイム
○ 1、トーセンヤマト
▲12、リバーキンタロー
☆ 8、ロマンス
☆11、ナムラプラトーン

ここは魅力的なメンバーが揃い
買い方に悩んだ一戦となりました。
その中で本命はドリームタイムです。
この馬の強みは
トップスピードに乗ってからの持続力で
近2走の内容から見ても
もっと上のクラスでの活躍が見込めそうです。
このメンバーでも頭ひとつ抜けた存在です。
これを脅かす存在になりそうなのが
トーセンヤマト。
前走は移籍初戦で、初ダートに、初距離と
初物尽くしの一戦でした。
それでいて、スタートがいまいちで
道中で不利がありながら
ゴール前で猛然と追い込んできた姿には
秘めたる能力を感じました。
一発があるならこの馬でしょう。
3番手がリバーキンタロー。
3年前の優駿スプリント(SⅢ)で3着に入ったのは
遠い昔のように感じますが
まだまだやれるだけの力があります。
前走で好メンバー相手に揉まれたことが
このレースで活きてくれば
久しぶりの大井戦でもチャンスがありそうです。
その後にロマンス。
自分のペースで行ければチャンスが出てくる馬で
今回は単騎逃げが濃厚なので
警戒が必要になるでしょう。
それから、ナムラプラトーン。
達城ジョッキーと手が合うようで
近走は堅実な末脚を繰り出して
善戦をしています。
ここも展開ひとつで上位に食い込めるでしょう。
馬券は以下のように買いたいと思います。
単勝 1(※20倍以上)
三連単フォーメーション
1着:5
2着:1、8、11、12
3着:1、8、11、12(12点)
1着:5
2着:1、12
3着:2、3、7、9、10(10点)
○その他の注目レース、注目馬
8R C1(四)(五)
2、アマクサマンボ

本命はアマクサマンボです。
近走は前で流れに乗って
直線で一伸びという競馬ができています。
今回は得意のスプリント戦への距離短縮で
より力を発揮できるのではないでしょうか。
相手筆頭はキャニオンブレイクですが
接戦続きの疲れに一抹の不安があります。
※あとがき
先日、地元の友達と
近くの公園で酒を呑みながら
ああだこうだと話していたのですが
気づいたら深夜2時になっていました。
地元ということで
終電の時間を気にすることもなく
また、公園での外呑みという
開放感も伴って
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
こういう風に気づいたら
時間が過ぎていたというような感覚は
幸せなことですよね。
現地での競馬観戦やワールドカップの好ゲーム
それから日帰りの旅行などは
どれもあっという間に時間が経っているものです。
その友達は口癖のように
『人生は楽しんでなんぼでしょ』
と言っていましたが
こういった有意義な時間を過ごすことが
大切なことで、楽しい時間だと思います。
歳を取るに連れて
月日の流れの早さに驚いていますが
その中でも1日1日を大事にしていこうと
改めてそんな風に思った外呑みの夜でした。
同日にこちらのコラムも更新しました。
よろしければ、見ていってください。
マー君(田中将大投手)とフリオーソの持つ【3つの運】


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ