14年8月4(月) 南関競馬予想 浦和 10R 清秋特別 他

こんばんわ。
はるかなる。です。
早速ですが月曜日の予想にいきたいと思います。
南関競馬予想
14年8月4(月) 浦和競馬
10R 清秋(せいしゅう)特別
B2(二)B3(一)  1400m
◎ 7、トキノワイルド
○12、ガリャルダ

本命はトキノワイルドです。
前走は、相手が強かったこともありますし
早め早めにこられる展開で苦しくなりました。
負けても仕方なしと捉えます。
この馬は、船橋のスプリント戦で差す競馬もしていたように
逃げ専用の馬ではないので
今回の距離短縮で逃げられなくても心配ありません。
相性の良い浦和戦に戻って
いい走りに期待したいと思います。
対抗がガリャルダ。
前走は、中団から強気に動いていく競馬で
着差以上に強い勝ち方でした。
昇級戦で力関係はわからないですが
今回は、主戦の繁田ジョッキーに手が戻りますし
3走前にこのコースで強い競馬をしているので
チャンスはあると見ていいでしょう。
馬券は以下のように買いたいと思います。
単勝 7(※5倍以上)
馬連 7-12
○その他の注目レース、注目馬
1R 3歳
3、アンリエット

転入2戦目で、休み明けだった前走ですが
好スタートから最後までしっかりとした走りで
2着と健闘しました。
今回は初めての距離になりますが
小回りコースですし、持ち前のスピードを活かせれば
押し切りも可能でしょう。
相手には、距離延長が魅力のショウナンガラシャ。
6R 新生(しんせい)特別
7、ラッキープリンス

デビュー以来、楽勝続きの
ラッキープリンスが本命です。
時計も違いますし、不安は少ないでしょう。
相手は、ジャジャウマナラシ。
デビュー戦の勢いがついてからの脚取りは
しっかりとしていましたし、時計も良かったです。
今回は、距離が伸びるのもプラスでしょう。
11R 朝顔(あさがお)特別
11、テンエイエンドレス

藤江ジョッキーと相性抜群の
テンエイエンドレスが本命です。
前走も、藤江ジョッキーがケガから戻ってきたのを
『待っていました!!』
と言わんばかりの好走でした。
今回も同条件ならばチャンスは充分でしょう。
※あとがき
JRAの話題になります。
先週土曜日の小倉サマージャンプ(JGⅢ)を
メイショウブシドウが勝ったのですが
これに騎乗していた高田潤ジョッキーが
同レース4連覇を達成しました。
それだけでも凄いと思うのですが
勝ち馬は3年前から順に
ドングラシアス、エムエスワールド、オースミムーン
そして、メイショウブシドウと全て違う馬なのです。
ちなみに、2001年にはヒサコーボンバーで
2002年にはギフテッドクラウンで制しており
通算6度目の勝利なわけですから
この舞台で右に出るものはいないでしょうね。
個人的には、高田ジョッキーというと
ドリームパスポートが真っ先に思い浮かびますね。
調べてみるとこの馬に乗ったのは
5回だけなのですが
人気薄だった皐月賞(GⅠ)で2着に突っ込んだり
神戸新聞杯(GⅡ)でメイショウサムソンを負かしたりと
インパクトを残してくれましたね。
最近は、障害ジョッキーのイメージが強いですが
平地のレースでもいい馬が巡ってくるといいですね。


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ