14年9月4(木) 南関競馬予想 船橋 11R 初秋特別 他 6、10R

こんばんわ。
はるかなる。です。
早速ですが木曜日の予想にいきたいと思います。
南関競馬予想
14年9月4(木) 船橋競馬
11R 初秋(しょしゅう)特別
C1(一)  1600m
◎12、サーマウント
○ 3、ブレイクフォンテン
▲ 8、グレートサミット
△ 4、ウェルカムパーティ
△ 5、ペガサスフライト
△14、エリモブリーズ
△ 9、マイネルセグメント
△10、サクラグロリアス
△13、ハクサンレガシー

本命はサーマウントです。
昇級戦でいきなり一組での競馬というのは
それなりに厳しいと思いますが
ここ2走の走りを見る限り、力は上でしょう。
特に前走は、鞍上が乗りへぐりながらも
能力で2着まで突っ込んだあたりはさすがでした。
今なら、好位で構える競馬もできるでしょうから
今回もきっちりと走ってくれると思います。
対抗にはブレイクフォンテン。
前々でスムースに流れに乗れれば
最後までしぶとく粘る馬です。
能力的には足りるので、今回も位置取りひとつです。
スタートから無理してでも出していって欲しいですね。
3番手がグレートサミット。
初めての船橋戦となった3走前の一戦で
ガリャルダにクビ差の2着と健闘しました。
現在7連勝中のガリャルダに一番迫ったのが
このときのグレートサミットなので
このレースは評価したいと思います。
鞍上が再び東川ジョッキーに戻っての
前進に期待したいと思います。
馬券は以下のように買いたいと思います。
三連単フォーメーション
1着:12
2着:3,8
3着:3,4,5,8,9,10,13,14(14点)
1着:12
2着:4,5,9,10,13,14
3着:3,8(12点)
○その他の注目レース、注目馬
6R C2(五)(六)
11、チームプレー

手堅い取り口が魅力のチームプレーが本命です。
前走は、1000m戦を使われた後ということもあり
前々で競馬をすることができました。
僅かに負けてしまったとはいえ
勝ち馬に常に目標にされる形だったので
勝ちに等しい内容だったと思います。
相手筆頭はワサビ。
10R 伏姫(ふせひめ)特別
4、トーセンレディ

ここはトーセンレディの一発に期待します。
前走はスプリント戦でしたが
展開も見方につけて5着と頑張りました。
距離が延びる今回は
行きっぷりも良くなるでしょうから
久しぶりに好勝負に持ち込めそうです。
相手には先行勢の
ランニングシューズとベルモントレーサー。
※あとがき
JRAの話題になります。
11月にオーストラリアで行われる
メルボルンカップ(GⅠ)に
アドマイヤラクティとバンデが登録したそうです。
メルボルンカップといえば
2006年にデルタブルースとポップロックが
ハナ差で1、2着を分けあったレースですね。
その時の再現はなるでしょうか。
注目はバンデです。
スタミナ配合で長い距離が合いますし
4歳という早い時期から海外挑戦というのは
今後に向けてもプラスになりそうですね。
10月のコーフィールドカップ(GⅠ)にも登録があるので
おそらく、このレースをステップに
本番のメルボルンカップに挑戦する
というローテーションになりそうです。


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ