15年2月6(金) 南関競馬予想 大井11R うぐいす賞 他

こんばんわ。

はるかなる。です。

早速ですが金曜日の予想にいきたいと思います。

南関競馬予想


15年2月6(金) 大井競馬



今日のピックアップレース


11R うぐいす賞

B1(二)B2(一) 選抜特別  1600m 

◎ 4、ターフェル
☆ 1、シンゼンレインボー



このレースは、フルゲートということに加えて

近走で安定して走っているのが

浦和勢2頭だけという組み合わせなので

比較をつけるのが難しい一戦です。

それならば、自分が評価したレースで好走していた馬を

狙ってみたいと思います。



本命はターフェルです。

大井競馬への移籍初戦となった前走は

明らかな距離不足と休み明けの影響もあり

ほとんど競馬に参加できずに14着と大敗を喫しました。

ただし、3年前にこの舞台で2着したことがあり

そのときのような強気な競馬ができれば

この相手でもやれる力はあると思います。

人気がないなら妙味がある1頭です。



続いて、シンゼンレインボー。

この馬は、以前にグランディオーソ、

フォーティファイド、カリビアンクルーズらと

差のない競馬をしていた実績があります。

中でもグランディオーソとクビ差の競馬をした

このマイル戦でのパフォーマンスが印象的です。

今回、再び人気を下げるなら妙味ありです。



馬券は以下のように買いたいと思います。


単勝 1(※10倍以上)

   4(※20倍以上)


複勝 1(※4倍以上)

   4(※5倍以上)



その他の注目レース、注目馬


2R 3歳245万円以下

1、フジノドラマ


ここは、フジノドラマが本命です。

スタートで後手を踏んだ前走は

後方追走から外々を回る苦しい競馬で

4着と敗れました。

しかし、ゴール前の脚色は際立っていたように

ポテンシャルの高さが窺い知れました。

今回は、内枠有利の1400m戦で1番枠ですから

流れにも乗りやすいと思います。



10R 若獅子特別

9、コーズウェイ


ここは、コーズウェイを本命に推します。

正直、前走であれほどぶっちぎって

勝ってしまうとは思いませんでした。

力をつけていると共に

南関の水にも慣れてきたのでしょう。

相手は、しぶといルコンポゼと

末脚強烈なマイカラー。



※あとがき


少し前の話題になりますが

2012年のフェアリーステークス(GⅢ)を勝った

トーセンベニザクラが浦和競馬に移籍してきました。



トーセンの牝馬といえば

南関で交流重賞6勝をマークした

トーセンジョウオーの名前が真っ先に浮かんできますね。

当時の牝馬路線の主役の1頭でした。



この馬と比較するのは可哀想ですが

可能性がないとは言い切れないですからね(^ ^)

ただ、ダートではJRA時代に1度走って

16着という非常に厳しい成績が残っています。

果たして、どこまで砂の適性があるのでしょうか?

初戦の内容が気になりますね。



移籍先は、今や南関競馬を代表する厩舎のひとつ

小久保智厩舎です。

ヤクルト時代の野村監督のように

再生工場になれますかね(^ ^)





あとがきでトーセンジョウオーの名前が出たので

以前の記事の中で

トーセンジョウオーについて書いたものを

載せておこうと思います。

よろしければ、見ていってください。

GⅠ未勝利馬限定・重賞勝利数ランキング Part2






最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.2%  回収率 110.0%
2015年   的中率 25.6%  回収率 123.8%

※2015年に関しては、2月1日時点のものになります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ