14年5月4(日) JRA予想 天皇賞・春(GI) 他 | 南関競馬・JRA予想/はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!

14年5月4(日) JRA予想 天皇賞・春(GI) 他

こんばんわ。
はるかなる。です。
早速ですが日曜日の予想にいきたいと思います。
JRA予想
14年5月4(日) 京都、東京、新潟
京都11R 第149回 天皇賞・春(GⅠ)
4歳以上オープン  芝・3200m
◎12、ウインバリアシオン
○14、キズナ
△15、アドマイヤラクティ
△18、デスペラード
△ 6、ホッコーブレーヴ
△ 3、サトノノブレス
△ 2、アドマイヤフライト

キズナには3200mを走るスタミナがある。
長距離戦で勝ち負けになる能力がある。
そのように言葉にできる根拠は
凱旋門賞で4着に入ったという実績で
充分だと思いますが
もうひとつ大きなポイントがあります。
それを示すのはウインバリアシオンとの共通点です。
それは母系にダマスカスとストームバードの血を
内在していること。
豊富なスタミナを伝えるダマスカスと
母系に入ると長くいい脚が使えるという
特徴が出るストームバード。
この血統の共通点から
長距離への不安を払拭できます。
よって、キズナは天皇賞・春で勝負になるでしょう。
今年の天皇賞・春はバンデが回避したことにより
明確な逃げ馬は不在になりました。
行くのは、前走で逃げ切り勝ちを収めたデスペラードか。
前走は逃げずに敗れたサトノノブレスか。
どちらにせよ乱ペースは望み薄です。
今回の予想においてはスローペースになると仮定して
それも上がり33秒台後半~34秒台前半の
決め脚勝負になると考えて予想を組み立てました。
本命はウインバリアシオンです。
上がりナンバー1の脚を使った菊花賞(GⅠ)で2着。
一昨年の天皇賞・春(GⅠ)で3着。
それぞれ、34.3秒と33.5秒の切れ味でした。
スローが濃厚の今回、それだけの脚を使えれば
間違いなく勝ち負けになるでしょう。
GⅠへの執念でこの馬を本命にしました。
対抗はキズナ。
昨年の日本ダービー(GⅠ)のときの追い込みは
普通ならば2着までという走りでした。
最後の最後まで速い足を使ったからこそ
届いた栄冠だったと思います。
今回もチャンスは大きいです。
他に印を回した馬は抑えです。
昨年のジャパンカップ(GⅠ)の末脚が
強烈だったアドマイヤフライト
上がり勝負が得意のデスペラード
一発に期待できるホッコーブレーヴ
速い上がりに対応できる
サトノノブレス、アドマイヤフライト
このあたりを抑えておきます。
他に人気になりそうなゴールドシップや
フェノーメノ、レッドカドーなどは
ペースが合わないと思います。
馬券は以下のように買いたいと思います。
馬連 12-14
三連単フォーメーション
1着:12,14
2着:12,14
3着:2,3,6,15,18(10点)
○その他の注目レース、注目馬
京都5R 3歳500万下
7、ヒナアラレ

この条件で大崩れなく走っている
ヒナアラレから入ります。
牝馬同士なら差はありませんし
前走の芝での大敗で人気が落ちれば
妙味のある存在です。
京都12R 高瀬川ステークス
7、ブロードソード

逃げたい馬を見ながら先行できるブロードソードの
正攻法の走りに期待します。
ここは特に抜けた馬もいないので
きっちりと結果を残して欲しい一戦です。
抑えに忘れたくないのは
キクノフレヴァンの一発。
東京2R 3歳未勝利
2、トーセンハリケーン

引き続きトーセンハリケーンを推奨します。
脚質的に東京替わりはプラスなので
更なる前進が期待できます。
今回のメンバーは3着に入ったことのある馬すらいない
低レベルの顔触れなので
勝ち切ってもらいましょう。
東京7R 3歳500万下
6、サノイチ

コース、距離問わずに堅実に駆ける
サノイチを中心視します。
末脚強烈なアンズチャンに単勝人気が偏るなら
美味しい存在になりますね。
東京10R オアシスステークス
5、オールドパサデナ

東京コースのスペシャリスト
オールドパサデナを狙います。
東京では(5,3,0,0)という抜群の相性は
強敵相手にも堂々と胸を張れる
強調材料になります。
穴でおもしろいのは
広いコースが向くサトノプリンシパル。
東京11R スイートピーステークス
10、ショウナンパンドラ

GⅠの舞台で姿が見たい
ショウナンパンドラを本命にします。
オークスで穴馬に挙げたい馬なので
ここはどうしても勝ってもらいたいです。
末脚を信じてしまいに賭ければ
突き抜けるだけのモノを持っていると思います。
新潟11R 谷川岳ステークス
3、メイケイペガスター

持っている能力はGⅠ級のメイケイペガスター。
問題はその力をいかんなく発揮できるかどうかです。
つまりハマれば勝ち負け、ダメなら惨敗です。
今回は大きな着順が続いたことで
人気も落ち着くでしょうから
単勝で一発に期待します。
新潟12R 中ノ岳特別
9、カーティスバローズ

このクラスでは能力上位のカーティスバローズ。
56㎏のハンデは恵まれましたし
展開的にもスッと先行できそうな組み合わせなので
軸には最適だと思います。
※あとがき
JRAは今週の天皇賞・春を筆頭に
6週連続のGⅠ開催です。
競馬シーズン到来って感じですね(・∀・)
GⅠってどうしても
買う額が増えちゃうんですよね。
今年も日本ダービー(GⅠ)とかは
意識せずともテンションが上って
普段の何倍も賭けてしまいそうです(^ ^;)
さて、この時期になると
今年のPOGがそろそろ佳境を迎える時期ですね。
僕の今持っている馬の中では
サングレアルとサトノルパンがGⅠに挑戦予定です。
好結果をお願いします!!
それから来期のPOGの候補馬の
絞り込みの時期でもありますね。
東スポのPOG特集のタブロイド版のやつは
まだ発売されていないようですが
いつ発売なんですかね???
調べてもわからなかったので
知ってる方がいたら教えてください(*^ ^*)


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ