15年2月10(火) 南関競馬予想 船橋10R 如月特別 他

こんばんわ。

はるかなる。です。

早速ですが火曜日の予想にいきたいと思います。

南関競馬予想


15年2月10(火) 船橋競馬



今日のピックアップレース


10R 如月特別

B1  1700m 

◎ 4、スコペルタ
○ 6、スマートファミリア



本命はスコペルタです。

ここは、3ヶ月半ぶりの一戦になりますが

昨年夏に一皮剥けてからの走りを見ると

休み明けを言い訳に恥ずかしい競馬はしないと思います。

好位差しの形が板についてきたので

ここも最後の一伸びに期待します。



対抗がスマートファミリア。

前走は、最後の直線で

勝ち馬の目標になった分、2着と敗れましたが

番手からの競馬でもスムースな走りができたので

内容のある一戦だったと思います。

ここも同じような競馬になりそうなので

好勝負に持ち込めるでしょう。



馬券は以下のように買いたいと思います。


三連単フォーメーション

1着:4,6

2着:4,6

3着:1,2,3,5(8点)



その他の注目レース、注目馬


5R C2(三)

6、グルームアイランド


ここは、グルームアイランドが本命です。

正攻法の競馬で圧勝続きの内容を見ると

このクラスでは死角が見当たりません。

ここも無事、通過してくれると思います。

相手は、そろそろ走り頃の

リュウノクリスエスとシゲルサヌキ。



8R C2(一)特選

6、ロイヤルファミリー


ここは、ロイヤルファミリーから入ります。

一度叩かれた前走は、順調に良化していたようで

4着と変わり身を見せました。

もともと上のクラスでも走っていた馬ですから

中身ができてくれば好勝負になるでしょう。



11R 立春特別

6、ショウナンガラシャ


本命はショウナンガラシャです。

牝馬らしからぬパワフルな伸び脚が

大きな魅力の馬です。

ここは、頭数も少ないですし

相手も軽いので勝ち切って欲しいところです。

穴に一考は、リバティパワーの前残り。



佐賀10R 第42回 佐賀記念(JpnⅢ)

8、マイネルクロップ



ここは、マイネルクロップが本命です。

JRAから参戦の5頭のうち

重賞ウイナーの3頭は8歳以上の高齢馬で

いずれもムラが出てきました。

残す2頭のなかで、東京巧者のリキサンステルスは

小回りコースが不安材料になります。

それならば、2走前の強い競馬を評価して

マイネルクロップを本命に挙げます。



※あとがき


先週の大井競馬のトリプル馬単(SPAT4 LOTO)は

凄い結果になりましたね。

初日の月曜日こそ的中者がいたものの

火曜日からの4日間は的中者0で

キャリーオーバーが9000万円を越えました(笑)



キャリーオーバーの額が増えるたびに

購入口数もグングン伸びていました。

火曜日が約100万口

重賞のあった水曜日が約200万口だったのに対し

最終日の金曜日は600万口を上回っていました(^ ^)



でも、こういうときに限って

対象レースの1つ目が波乱の結果になっていて

いきなり購入者の夢を打ち砕くんですよね(^ ^;)

例えば、木曜10Rの馬単は1500倍

金曜10Rは900倍近い配当になっています。

そりゃ、当たらないはずです!!



このキャリーオーバーとなった9000万円は

次開催の大井競馬の初日に持ち越されますから

2月23(月)は、相当な額が売れそうですね。

せっかくなら配当が1億円を超えて欲しい気もしますが

どうなりますかね(^ ^)





同日にこちらも更新しました。

よろしければ、見ていってください。

次走以降の注目馬 15年2月2(月)~8(日) JRA・大井





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.2%  回収率 110.0%
2015年   的中率 25.6%  回収率 123.8%

※2015年に関しては、2月1日時点のものになります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ