15-16シーズン POG指名馬一覧

仲間内のPOGのルール


6月5日の金曜日に

POGのドラフトを行ってきました。



あーだこーだといろいろ悩んだ末に選んだ馬が

自分の持ち馬になるのか

それとも他の誰かの手に渡るのか

非常に重要で、緊張感のある夜でした(^^)



僕の仲間内のルールは

まず、縛りなく選べる馬が10頭です。

その他に外国産馬が1頭と

日本産でGⅠ勝ちのないマイナー種牡馬から1頭

そして、地方競馬所属馬が1頭というものです。

半端な頭数ですが、合わせて13頭になります。



地方競馬所属馬なんて必要ないと思うかもしれませんが

昨シーズンはララベルを指名した先輩が

見事に優勝しました。

僕とのポイント差はほとんどなかったので

この枠の馬のデキが勝敗を分けたと言えます。



指名馬全13頭一覧


1位 エルプシャフト(牡)

  父:ディープインパクト 母:ビワハイジ

  角居厩舎(栗東)

2位 プロディガルサン(牡)

  父:ディープインパクト 母:ラヴズオンリーミー

  国枝厩舎(美浦)

3位 エストソルシエール(牝)

  父:ステイゴールド 母:オリエンタルアート

  池江厩舎(栗東)

4位 アストラエンブレム(牡)

  父:ダイワメジャー 母:ブラックエンブレム

  小島茂厩舎(美浦)

5位 レッドアヴァンセ(牝)

  父:ディープインパクト 母:エリモピクシー

  音無厩舎(栗東)



6位 チェッキーノ(牝)

  父:キングカメハメハ 母:ハッピーパス

  藤沢厩舎(美浦)

7位 コアコンピタンス(牡)

  父:キングカメハメハ 母:スティンガー

  国枝厩舎(美浦)

8位 ミュゼモーゼス(牡)

  父:ダイワメジャー 母:チャールストンハーバー

  大江原厩舎(美浦)

9位 アフェクテューズ(牡)

  父:ディープインパクト 母:オールウィズウィリング

  手塚厩舎(美浦)

10位 エッジースタイル(牝)

  父:ハービンジャー 母:ランズエッジ

  高橋義厩舎(栗東)



外国産馬 ゼンノサーベイヤー(牡)

  父:Mineshaft 母:Eden’s Causeway

  中内田厩舎(栗東)

マイナー レッドヴェルサス(牡)

  父:スウィフトカレント 母:ディソサード

  須貝厩舎(栗東)

地方所属 ブレッザフレスカ(牝)

  父:マンハッタンカフェ 母:ブリージーウッズ

  所属厩舎未定



日本で活躍した名牝の子供たち


以上の13頭が今シーズンの僕の指名馬です。

点数をつければ80点くらいですかね。

満点でない理由は

4位で指名予定だったポルトフォイユを

先に取られてしまったからですね。



昨シーズン、お兄ちゃんのポルトドートウィユを指名して

結構頑張ってくれたので

今年も狙っていたのですが仕方がないですね・・・。



気を取り直して、僕の指名馬を紹介します。

まずは、日本で活躍した母馬の産駒たちですね。



期待度でいえば

ビワハイジ産駒のエルプシャフトがNo.1です。

ブエナビスタを筆頭に兄弟の活躍馬は多数います。

以前、トーセンレーヴとサングレアルを

POGで指名したことがありましたが

この馬たちを超える活躍を期待しています。



5位のレッドヴェルサスはエリモピクシー産駒ですね。

レッドアリオン、サトノルパン、レッドベルダに続き

この母から4年連続の指名になります。

昨年のレッドベルダは能力の片鱗を見せていましたが

残念ながらケガにより安楽死となりました。

全弟のヴェルサスには姉の分まで頑張ってほしいです。



他では、ブラックエンブレム産駒で

兄:ブライトエンブレムと同様に

6月の東京戦でデビューを迎えるアストラエンブレム

産駒が全て勝ち上がっている

ハッピーパスの娘・チェッキーノ



そして、そろそろ大物が出そうなスティンガー産駒で

名前の響きが好みのコアコンピタンス

こういったメンバーを加えました。



兄弟に追いつけ追い越せ


2位に指名したのはプロディガルサン

全兄のラングレー、リアルスティールが

共に新馬勝ちをしているように

早い時期から活躍ができそうです。

陣営からは、現段階ではダノンプラチナよりも上という

高い評価をもらっているのも楽しみですね。



それから、3位のエストソルシエール

ドリームジャーニー、オルフェーヴルの全妹になります。

この馬の評価が血統背景ほど上がっていないのは

馬主が社台やサンデーRではないからでしょうが

走るのは馬主ではなく馬自身ですから関係ありません。

無事、デビューに辿り着ければ活躍してくれるはずです。



注目しているのは、10位のエッジースタイル

全姉に阪神JF(GⅠ)で1番人気だったロカがいます。

ロカが新馬戦で見せた切れ味は

目を見張るものがありました。

上手く噛み合えばGⅠで好勝負も可能だったでしょう。

この馬も強烈な末脚を武器に頑張ってもらいたいです。



他では、カレンブラックヒルの全弟ミュゼモーゼス

この母からはレッドアルヴィス以来の指名になります。

それから、ショウナンアデラの全弟アフェクテューズ

ポルトフォイユの代わりに指名しました。

POG期間での活躍が目立つ手塚厩舎ということも

指名理由のひとつです。



特別枠の3頭について


外国産馬のゼンノサーベイヤー

血統表にエーピーインディ

ミスタープロスペクター、ストームキャットと

アメリカンな名前が並んでいます。

それ故に、ダートでどれだけやれるか

楽しみにしています。



マイナー種牡馬枠からは

スウィフトカレント産駒のレッドヴェルサス

レッドリヴェールの半弟ということも注目に値しますが

他の兄弟もPOG期間中に

安定した成績を残している馬が目立つので

この馬も堅実な走りをしてくれそうです。



地方所属馬は、ブレッザフレスカを選びました。

今年の東京2歳優駿牝馬(SⅠ)と

桜花賞(SⅠ)を制したララベルの半妹になります。

所属先未定ではありますが

オーナーが姉と同じく社台グループオーナーズなので

大井の荒山厩舎になると思います。



指名馬の現状


  エルプシャフト → 秋の入厩を目指す

 プロディガルサン → 今開催の東京戦でデビュー予定

エストソルシエール → 秋のデビューを目指す

アストラエンブレム → 今開催の東京戦でデビュー予定

 レッドアヴァンセ → 秋の入厩を目指す



   チェッキーノ → 夏デビューを目指す

 コアコンピタンス → 夏から秋口のデビューを目指す

  ミュゼモーゼス → 今月の東京戦でデビュー予定

 アフェクテューズ → 夏の新潟開催でのデビューを目指す

 エッジースタイル → じっくり成長を促すとのこと



ゼンノサーベイヤー → 今月の阪神戦でデビュー予定

 レッドヴェルサス → 今月の阪神戦でデビュー予定

 ブレッザフレスカ → 所属先未定



ということで、13頭の指名馬についてお伝えしました。

目標は、全頭勝利ですね(^^)

そのためにも順調に行ってほしいと思います。

今シーズンは優勝できますよーに(・∀・)





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに登録しています。

よろしければ、応援してください。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ



★はるかなる。の人生ゴボウ抜き!!★は

毎日20時30分~21時頃に更新しています。

~2010年以降の的中率と回収率一覧~

2010年   的中率 データなし  回収率  83.1%
2011年   的中率 データなし  回収率  76.4%
2012年   的中率 21.3%  回収率 118.7%
2013年   的中率 26.6%  回収率 108.1%
2014年   的中率 23.2%  回収率 110.0%
2015年   的中率 32.1%  回収率 108.0%

※2015年に関しては、4月19日時点のものになります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ