14年1月6(月) 南関競馬予想 船橋競馬

こんばんわ。
はるかなる。です。
“頭蓋骨骨折”
記事の中でそのフレーズを見たときには
ドキッとしました。
正月開催の3(金)の川崎競馬の1Rで
酒井忍ジョッキーが落馬しました。
3コーナーで騎乗馬が前脚に故障を生じて転倒し
酒井ジョッキーはそのまま頭から
落ちているように見えました。
このレース映像を見て
かなり危ない状況が想像できたのですが
頭蓋骨骨折をはじめ
かなりの重傷のようです。
ですが命に別条はないようで
それだけでも不幸中の幸いだったと思います。
普段は特に思わないんですが
こういう大きな事故が起こると
体を張っている仕事はやっぱり大変だなと
考えてしまいますね。
同じ立場のジョッキーの方々も
身の引き締まる思いでしょうね。
それでは南関競馬の月曜日の予想にいきたいと思います。
南関競馬予想
14年1月6(月) 船橋競馬
6R
C2(一)(二)  1200m
◎ 1、エスティユーク
○ 6、カーチスライン

本命はエスティユーク。
昨年の後半に船橋の1200m戦を3度走りましたが
強い馬を相手にコンスタントに走っていました。
末脚は確かなので
今回は内枠をうまく捌けるかが鍵になると思います。
相手はカーチスライン。
近走では人気薄ながら
この条件で僅差の2着2回と結果を残しています。
前走である程度の位置で競馬ができたのは収穫ですし
馬体も増えて成長が感じられます。
個人的に注目している
澤田ジョッキーの手綱にも期待します。
他のメンバーは一長一短で
切るに切れない馬が多いので
今回は上記の2頭だけに絞って買います。
馬券は以下のように買いたいと思います。
馬連 1-6

○その他の注目馬、注目レース
8R C2(一)(二) 
9、アサクサゴールド

転入初戦の2走前のレースは
完全に逃げ馬の勝ちパターンの競馬でしたが
ゴール前できっちりと差し切りました。
そして前走は先行した馬が苦しくなる流れを
早めの競馬で押し切りました。
今回はなかなか骨っぽい相手が揃いましたが
能力は引けをとらないと思いますので
この馬の走りに注目したいと思います。


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ